2011年11月27日

ハイウエイ

高速道路無料化実現しませんでした。



今年の夏に、こんな話題がでました。



一部無料化はしたものの、有料に戻した所が多いいようです。



高速道路ETC休日1,000円各有料道路無料化実現の為の実験段階。




その中で、こんな話しをしたところ皆に笑われました




熊本・大分結ぶ道路。
やまなみ(ハイウエイ)


30代~40代の奴らに、は『やまなみ』有料道路だったんやで!

って、話しをした所・・・

奴ら 『んな訳ないじゃん』

俺  『えっ?』『小国・三愛?・長者原・水分・阿蘇』付近に、料金所があったんやで!

奴ら  『あはははっ、ありえんじゃろう』

俺  『えっえっえ? 知らないの』

奴ら 『ふっん』

  『・・・・』

  『じゃ~阿蘇山の火口でなく、登り口にも料金所があったの知ってる?』

奴ら 『あっそうなん・・・』

俺  『ギャグかい~』   (笑)



ってな具合で、話しは終わったのですが年代が同じなのに知らないのかな~?

10代に免許を取ってから、いたる所を遊び回ってたので大通りから・抜け道まで間違っても道を繋げてより楽しく、より早く、〇トカーが居ない走路をひた探してました。

カーナビ携帯電話も無かった時代ですから、一度間違えたら自分の方向感覚に頼るしかありませんでした。

地図はあったものの、大ざっぱな国道位しか載ってないような九州全域地図出たとこ勝負遠出でした。

なんかも、彼女喜ばす為に民家横道、道幅乗用車ギリギリタイヤとガケとの幅が10㎝ほどしかない道に入って行ったりして、

勿論?車高が低いので(笑)底がガリガリをたててました。

そんな、誰も来ない海岸探して回ってデートコースに入れて『プライベート・ビーチ』 なんて言ってたような・・・(笑)





『あらっ』話しが脱線しましたね~

取り敢えず
、そんなこんなで走りまくってたので間違いないはずだと。

の後に、同級生らに聞いたところ、やはり間違いなく有料道路でした。『ね!でしょう!』






だから昔?は、やまなみ『ハイウエイ』呼んでいました。









この記事へのコメント
年代が近いのでしょうか
わかります!! 。。〇
Posted by ji-anji-an at 2011年11月28日 00:12
わかります
確かに昔は有料道路でしたね〜
菊池も、二丈浜玉も。
ツーリング費用が軽くなると喜んだもんです(笑)

あとみんなあまり知らないのが海の中道に行く博多湾沿いの旧道。
砂浜沿いのボロい道でしたが夜景が綺麗でいいデートコースだったのですが・・・

日々、地図も変わっていきますね。
Posted by トムトム at 2011年11月28日 07:42
>海の中道に行く博多湾沿いの旧道

なつかしいですねー あの道
ロケーションよかったですよねー!
あそこを通る時いつも気になります! 。。〇
Posted by ji-anji-an at 2011年11月28日 09:20
ji-anさん

この話題にのってくると言う事は、年代が近そうですね!
Posted by ふるだぬきふるだぬき at 2011年11月28日 20:47
トムトムさん

香椎から三号線の渋滞を回避するのに、西鉄貝塚線の裏、民家の間を通って塩浜三苫口に出るルート。
雁ノ巣からは、今は片側二車線ですが、そこから左に入った海沿いのルートは海を手前に福岡の夜景を見ながら最高のロケーションでムード満点でしたよね!
福岡市内の夜景も、今はスポーツ公園やスタジアムになってしまった東月隈あたりから福岡空港を見下ろし市内の夜景を堪能するのもデートコースの一つでした(^_^)
Posted by ふるだぬきふるだぬき at 2011年11月28日 21:10
今 思い出しました!!

海の中道のホテルがあるヨットハーバーの所と向かえの
JR香椎線の駅がある所は周辺に
治外法権の米軍住宅がありましたねー! 。。〇
Posted by ji-anji-an at 2011年11月29日 12:50
Ji-anさん

えっ(*_*)
そうなんですか?
当時は、我が物顔に、走ってました(笑)
Posted by ふるだぬきふるだぬき at 2011年11月29日 17:35
自衛隊の基地のように
ちゃんと門があり
アメリカ人の門兵がいましたよ! 。。〇

その頃の写真があればブロブにするのですが… 。。〇
Posted by ji-anji-an at 2011年11月29日 20:20
Ji-an さん

そ~言えば…
ん~…
歴史資料館にでも行ってみましょう(^^)d
Posted by ふるだぬきふるだぬき at 2011年11月30日 07:02
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。